お知らせ

More
Toggle

教室で学ぶ

魅惑のサプリ 31錠

header_29

惹きつける人の極意を伝授!もし、あなたのもとに人を魅了するエッセンスがギュッと詰まった音声が届いたら…?しかも毎日…。あなたは音声を聴くたびに自分自身が変わっていくのを実感するでしょう。そう、あなたは「追いかける人」から「惹きつける人」に変身するのです。あの人を痺れるほど惹きつけたい!。そんなあなたに贈る魅惑のサプリをさぁ召し上がれ。

miwaku_title

「わたし、深夜の眠りに落ちる前に音声をこっそり聴いています…」

ある女性が話をしてくれました。

僕は素直に喜びました。
でも、彼女がなぜこんなにまで熱心に僕の音声を聴いてくれるのかは理解できませんでした。

理由をきいてみました。
彼女は答えました。

「励まされるんです。自信と勇気をもらえます。それよりこんなことを言うのも変なんですが…」
「はい…」

「音声を聴くたびに…自分がだんだん魅力的になっていくような気がして…」

彼女は、そう話してくれました。
少し恥ずかしそうに。

「はじめは勘違いかなと思ったんです。でも、実際に好きな人のわたしを見る目が変わったんです…」
「そう。それはよかったですね」

僕は、にっこり笑いました。

「ただ…」
「ただ…?」

「もうないいんですか…?」
「何がです?」

「音声です…」
「あぁ…ないこともないんですが…」

「わたし、欲しいんです。いただけませんか?もう同じ音声を暗記するほど繰り返して聴いているので…」
「それはそれは。ありがとうございます」

「わたしにとって、音声はサプリメントみたいなものなんですよ。惹きつける人になるための…」
「…惹きつける人に変身できるサプリ…。面白い表現ですね。その表現…気に入りましたよ」

「いいですよ。音声を差し上げます。ただし1日1錠ですよ」

1日1錠ならぬ1音声のサプリ

もし、彼女が言うような聴くだけで魅力的な人になるような音声があったらどうでしょう?

あなたも興味をそそられることでしょう。

1日1錠ならぬ1音声があなたのメールボックスに届く。あなたは、それを聴く。

通勤時間に聴いてもいい。
カフェで聴いてもいい。
彼女のようにベッドの中で密かに聴いてもいい。

ある日は、あなたを励まし鼓舞するような音声が届く。
またある日は、小悪魔のように惹きつける心理テクニックの音声が届く。

次の日も…その次の日も…またその次の日も…。

魔法なんてどうでもいい

この音声は魔法ではありません。
僕は魔法なんかに興味がありませんから。魔法なんてどうでもいいんです。

ただ、僕は深夜にマイクに向かって淡々と語っているだけです。
収録は深夜が多いですからね。ちょうど深夜ラジオをやっている感覚です。

でも、それが誰かに届いて、彼女のように人間関係や人生が変わっていくのはなぜでしょう?

それこそ魔法がかかったように。

僕には、ちゃんとその答えがわかっています。

要するに、その人の「意識」が変わっていくのです。

ある物事に向かうときの思考や心理状態が変わっていくということです。

僕はよくこう言います。

「同じことを言っても、言う人が違えば、同じにならないよ」

別の言い方をするとこういうことです。

「思考や心理状態が違う。マインドセットが違うんだよ。内側が違うんだよ」

そして、僕は続けます。

「不思議なんだけど、その微妙な心の機微をあなたが語る相手は決して見逃さないんだよ。だから同じことを言っても結果が変わる」

少女は感じた…

少年がいる。
少年は好きな少女に言う。

「そっちに行っていいかな…?」
「嫌よ…」

少年はうなだれる。

そこにもう1人の少年がやってきた。
少女にちょっかいを出す。

「こっちに来ちゃだめだよ」

舌を出して少女の腕を突っつく。

「なによ!」

少女は怒って少年を追いかける。
少女は本当は怒ってなんかいない。

その表情が嬉しそうだったからだ。

最初の少年は作戦を練る。

「そうか!『そっちに行っていいかな?』ではいけないんだ」
「なるほど!『こっちに来ちゃだめだよ!』と言えばいいんだな」

明くる日。

少年は恐る恐る少女に言う。

「こっちに来ちゃだめだよ…」

少女は言う。

「行かないよ。行くわけないじゃない。あなたのそばになんか」

………。

このエピソードがすべてを物語っています。

何を言うか以上にどう言うか。
どう言うか以上になぜ言うか。
それ以上にだれが言うか。

「惹きつける力」は、目に見えない部分に宿るのです。

少女は見逃さなかった。
少女は感じた。

舌を出して突っついてきた少年のほうに。

「惹きつける力」を…。

31錠差し上げます

「音声サプリが欲しいんです…」
「いいですよ。1日1錠ね」

僕は、その彼女と約束しました。

音声を求めてくれる人がいることが純粋に嬉しかった。
なによりその表現が気に入った。

「惹きつける人に変身できる魅惑のサプリ」

「魅惑のサプリ」を必要としている人はたくさんいます。

彼女だけではありません。
起業家や会社員や主婦や学生の方に至るまで。
もちろん、いま読んでくれているあなたもかもしれません。

差し上げましょう。「魅惑のサプリ」を。

約束します。

今日から1ヶ月間。毎日。合計31錠。
あなたのメールボックスにお届けします。

少しだけピリッと毒が効いている音声を1錠ずつ。
良薬には毒があるものです。

ふわふわした綺麗事ばかりの話…。

結局それは良薬ではありません。
薄っぺらでありふれた話をして、なんとなく賢くなった気がしても無意味でしょう。

僕はあなたの貴重な時間を無駄にしたくはありません。

それでは、僕も語る意味がないし、あなた自身も聴きたくないでしょう。

奇をてらった話がしたいという意味ではありませんよ。
あなたのために、ただ真実を語りたいということなのです。

「惹きつける人」のマインドを伝授したいのです。

あなたは、日に日に「惹きつける人」になっていきます。

あなたが彼や彼女に向かっていくのではないのです。
彼や彼女があなたに引き寄せられるのです。

そんな魅惑の力をぜひ今のうちに手に入れてください。

早速、下のフォームからどうぞ。

最初の1錠目があなたのもとに届きます。



arrow3

「魅惑のサプリ」

1日1錠(音声)・合計31錠(音声)

bt_4


 





Return Top