お知らせ

More
Toggle

マインドセット

あえて狙いを定めない

「この人しかいない」

すべての間違いは、この想像から起こります。
あなたは、特定の人に狙いを定めて、泥沼の心理状態にはまってしまったことはありませんか?

「あえて狙いを定めない」ほうがいいのです。
そして、そのほうが結果的にうまくいく確率が上がります。

いまこの瞬間、あなたの「この人しかいない」は誰ですか?

好きになった異性かもしれない。
セールスをかけているお客さんかもしれない。

どちらにしても「この人しかいない」の心理状態は、良い結果を生まないし、なにより辛い。
「この人しかいない」は、あなた自身をとても弱くさせてしまうのです。

いろいろ理由はあります。

「この人しかいない」

こう思えば思うほど、あなたは選択を誤ってしまいます。
なぜなら、相手の悪いところが見えなくなるからです。

あなたも、相手を嫌いになってはじめて「なぜあの人に夢中になったのだろう?」と思ったことがあるはず。

また「この人しかいない」は、心理的に「囚われている状態」です。
周りにも、相手にもバレていて、バレていないと思っているのは、本人だけというケースがよくあります。

そして、その囚われている姿は、人として魅力的に映らないんですね。
もちろん、相手からもそう見えてしまうのです。

さらに、人は「追われると逃げたくなる」という衝動があります。
心理学では、これを「心理的リアクタンス」といいます。
自分の自由選択が奪われたり、押しつけられると、自然にこういう気持ちが沸き起こってきます。

どうでしょう。
そろそろ、答えが見えてきましたか?

あなたが相手を「狙う」のではなく、相手にあなたを「狙わせる」必要があるんですね。

あなたが、相手の立場だったらどんな人を追いかけたいですか?
どんなときに、心から欲しいと思いますか?

あえて狙いを定めない作戦でいきましょう。

Return Top