お知らせ

More
Toggle

身振り

色気×愛嬌。圧倒的に人を魅了してしまう人の特徴

人の魅力は、いろんな要素が絡まり合っています。

その要素のなかでも、最強の組み合わせがあります。

それは「色気×愛嬌」です。

この2つの要素をもっている人は、どうしても人を惹きつけてしまうのです。

色気と愛嬌。

それは、一見すると相反する2つの組み合わせ。
でも、その2つの要素は1人の人間の中でも十分に共存させることができます。

ちなみに、僕が言うこの色気と愛嬌は、老若男女関係ないですよ。

色気のある男性っていますよね。
色気は、女性だけのものじゃないんですね。

愛嬌のあるおじいちゃん、おばあちゃんっていますよね。
そう、年齢は関係ないんですね。

そして、この2つの要素が絡まり合うと、人はグッと魅力的に映るのです。

今回は、とくに色気について考えてみましょう。

一言に色気といっても、いかにもギラギラやムンムンしたものではありません。
ギラギラやムンムンは、むしろ下品に見えてしまいます。
それは、本来の色気とは真逆のものですよね。

色気とは、その人からどうしても滲んだり、匂ったっり、漂ってしまう雰囲気やオーラ。

それは、丁寧に言葉を選びながら話す態度かもしれない。
または、自信の中に見せる優しい眼差しかもしれないし、温かみがある声かもしれない。

色気を感じるポイントは、人それぞれです。

「あっ、この人はほかの人と違うな」

あなたは、どうしてもそれに気づいてしまうのです。感じてしまうのです。

その人の考え方や行動。
もっと言ったら、その人がいままでどう生きてきたか。
何を大切にしてきたか。

色気の正体は、そんなものが複雑に混ざり合ってできています。
人は、それをほんの数秒で察知してしまうのですから不思議ですよね。

僕は、つねにいろんな人を観察します。
そして、はっきり断言できます。

惹きつけれない人は、やはりガサツで自分勝手な人が多いなということです。

余裕がないといえるかもしれませんが、いわゆる色気がないんですね。
あなたも、ぜひ観察してみてください。

きっと面白い発見ができますよ。
その過程で、あなたの人を見る目も養うことができます。

「どんな場所で、人を観察するといいですか?」

僕は、たまにこんな質問をされるときがあります。

一番おすすめするのは、食事の席です。
お酒の入る席だと、なお良いかもしれません。

人は、飲食の場で本性が現れやすくなりますからね。

惹きつける人は、あなたに箸があるかないかに気づきます。
あなたが美味しく食べているかどうかに気づきます。
楽しんでいるかどうかに気づくんです。

あなたは、これから今まで以上に、人を観察してみてください。
純粋に相手に興味をもってみてくださいね。

自分の世界にどっぷり入るのは、自分1人になってからでいいのです。
たまに、自分の世界に浸って周りが見えてないような人がいますからね。
余裕があるように見えなければ、色気があるようにも見えません。

リラックスしていながらも、周りが見えている状態をつくるのです。

そして、話し方やグラスを口に運ぶ動き、視線を外す瞬間や笑顔。
これらすべてを、自分がイメージする動きよりも、スローにしてみてください。
大げさに言うと、今までよりも1.5倍ぐらいゆっくと動くのです。

周りが見えていて、しかも丁寧でゆっくりな動作。
これだけで、色気があるように見えるはずです。

今回は色気と愛嬌のなかの、とくに色気についてお伝えしました。
今度は、愛嬌についてお伝えしたいと思います。

Return Top