お知らせ

More
Toggle

会話

じゃれ合う2人の親密な関係。一瞬で心理的距離を縮めるとっておきの秘訣

あなたの前にじゃれ合っている男女がいます。

あなたは、じっとその光景を眺めています。
その2人は、どんな関係でしょうか。

あなたは想像します。

「恋人同士なんだな。まだつき合ったばっかりなんだろう」
「夫婦ではなさそうだ。なんかワケありの関係だろうか」

あなたは、2人がお互いを見つめる視線や、体の距離や向き、手の動きなどからそのように考えたのでしょう。

人は、言葉を聞かなくても表情や体の動きから、お互いの関係や状態を察知することができます。

じゃれ合える関係。

それは、お互いがリラックスしていて、信頼していて、好意をもっている関係。

もし、それらの要素がないとしたら、人はその人と決してじゃれ合いたいとは思わないでしょう。

僕のもとに「いつまでたってもお互いの距離が縮まない」ということで、もどかしい思いで相談にきた女性がいました。

「ぜひ、彼とじゃれ合ってみてください」と簡単にアドバイスしても「それができないから悩んでいるんです」ということですよね。

なぜ、じゃれ合えないか。
もっと言ったら、なぜ親密な関係になることができないのか。

一瞬で心理的距離を縮めるとっておきの秘訣。
今回は、その話をしましょう。

実は3つのポイントがあります。

これは、人を惹きつけるポイントでもあります。
これを意識するだけで、相手はあなたを無視できなくなりますので、ぜひ意識してみてください。

まず、1つ目。

「過去と未来ではなく、いまこの瞬間を楽しむ」

いつも考え事をして、上の空でいる人がいます。
その人の頭は、いつも過去か未来に行っています。

現在を生きていることが大事なのです。
人は、いまこの瞬間をめいっぱい楽しんでいる人に魅了されるのです。

いま、自分の頭は現在にあるのか、過去か未来に行っていないか気をつけましょう。

2つ目。

「相手はあなたに、あなたは相手に集中する」

だれか他の人の話をしたり、あなた自身の話をせずに、相手の話をしてみましょう。
そうすると、相手も自然にあなたに集中するようになります。

あなたは相手だけに集中しましょう。

最後に、3つ目。

「論理ではなく、感情レベルの会話をする」

世間話や、常識的な話、ただの説明や表面上の話。
それでは、人の気持ちは動きません。

相手の感情をポンと引き出す質問をしてみてください。
相手が思わず笑ってしまうような、または少し怒ってしまうような質問です。

この3つを意識するだけで、あなたは周りの人と一線を画すスペシャルな人になります。

あの人は、あなたといない間、ついあなたのことを思い出してしまうでしょう。
そのうち「また会いたいな」と焦がれるようになるでしょう。
会ってからは、離れるのがさびしくなるでしょう。

この3つができると、自然に心理的な距離が縮まります。
相手もつい心を許して、身体的にもあなたに近づきたくなります。

じゃれ合うのが、不自然じゃなくなるはずです。

いまこの瞬間を楽しんでいる。
あなたは相手に、相手はあなたに集中している。
感情レベルでのコミュニケーションができている。

この状態は、どんな状態だと思いますか?

この状態は、時間を忘れてしまう状態です。
周りがまったく見えなくなってしまう状態です。

それを意図的につくれる人がいたらどうですか?

あなたにもきっとできますよ。
ただし、相手を間違えないでくださいね。

一気に距離が縮まってしまうので、あなたが望む人にだけやってみてください。

Return Top