お知らせ

More
Toggle

コンセプト

好きな人からは好かれれない本当の理由

こんな経験はないでしょうか。

「自分が好きな人からは、好かれれない。なのに、自分が好きでない人からは、好かれてしまう」

僕は、相談者からよくこんなことを聞かされます。
もちろん僕にも同じような経験がありますよ。

よく、相手から好かれたければ、自分から好きになりましょうと言いますよね。

確かに、そのことに一理あります。
自分を嫌う人より、好きになってくれる人に好意を抱くのは当然でしょう。

でも、その人とその後、深い関係になるかどうかといえば、また別問題ですよね。

好意のレベルが違うんです。

心を奪われる。
夢中になる。
虜になる。

この好意レベルと、淡い好意を抱くレベルは、まったく異なります。

僕の記事を読んでくれたり、音声を聴いてくれているあなたは「惹きつける力」を磨きたいと思っています。
それを恋愛やビジネスや人間関係全般に活かしたいと願っているはずです。

人に惹かれるプロセスというのは、もっと複雑なんですよ。
こちらが思った分だけ、相手に思われるほど単純ではないんですね。

よくわからないけど、この人が気になる。
なぜか、この人のことばかり考えてしまう。

こうして、人はその人から頭も心も離れられなくなります。

「自分が好きな人からは、好かれれない。なのに、自分が好きでない人からは、好かれてしまう」

人は不思議なものです。
好きな人の前にいる自分と、好きでない人の前にいる自分。
自分であって自分でない。いわば、その自分は別人のようなものなのです。

その秘密を知りたいですか?

僕の音声でその秘密を語っています。

Return Top