お知らせ

More
Toggle

個性

自分を落とせるということ。ユーモアで人を笑わせよう

自分を落とせる人になりましょう。

ちなみに、無意識に自分を「落としてしまう」ことと、意識的に自分を「落とせる」ことは、似ているようで全然違いますよ。

僕が言っているのは、こういうことです。
ときには、人前で自分を落として笑わせることができる人になりましょうと。

自分を高く見せようとする人がいますよね。
でも「あぁ、この人は高く見せようと一生懸命だなぁ」って感じてしまいますよね。

でも、なぜ自分を高く見せる必要があると思いますか?

それは、その人自身が気づいているからなのです。

自分が低いところにいるということを。

だから、彼らは今日も心の中で叫びます。

「高く!高く!もっと高く見せなきゃ!相手に気づかれちゃう!」

自分を落とせるということ。

最初に、僕は言いましたよね。
あえて、人前で自分を落とせるようになりましょうと。

その答えが、そろそろわかりましたか?

自分を落とせる。

それは、その人自身が高いところにいるからできることなのです。
自信と余裕があって、はじめてできるということ。

ちなみに、誤解する人がいるといけないので、大事なことをお伝えしておきますね。

高いところというのは、他人より自分が高いところにいるかどうかという意味ではないですよ。
自分が見る自分のことです。セルフイメージのことなんです。

人が見るあなたの評価ではありません。
あなたが見るあなた自身のことなんですね。

そして、いつも僕が言うことですが、それは自分で決めていいんです。

あなたが見るあなた自身なんですから。

もちろん、相手への伝え方も大事ですよ。
本当にいじけてるような態度で自分を落としても、相手に気を使わせるだけですからね。

それは、逆効果です。

それこそ、目一杯の余裕で自分を落としてみましょう。

あなたの周りにもいませんか?

自分の失敗談を話して、魅力を上げている人。

そんな人は、いつも人の心を惹きつけます。
愛嬌や茶目っ気、自信や余裕が入り交じっていて魅力的ですよね。

ぜひ、あなたも観察してみてください。
自分を落としてしまっている人と自分を落とせる人を。

そして、その違いを感じてみてくださいね。

Return Top